こよみは可憐だあ

2008年10月31日 (金)

神のいぬ間に…

  先日、雹(ひょう)が降りました!

20081025_hyou 神様お留守のその間にとばかり、

直径1センチありそうなかなりの大粒ものが、

すさまじい音を響かせ降ってまいりました!

  

  

  更新を滞らせたまま、なんと、もう神無月も終わります。

  

  10月31日の夜。

今宵こそはと跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する魔物たちと、

明日までにと出雲からそれぞれの持ち場へ急がれる神様がたとで、

夜の大路はさぞかし賑わっていることでしょう。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年9月14日 (日)

そして十五夜さま

2008914_001   

  陰暦8月15日

  午後6時40分。

    

   

  

  ついに三階まで届かんという勢いの

  白木蓮の葉越しに望む、

  中秋の名月。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年3月 5日 (水)

ライヴ・スケジュール

すは!啓蟄!

地中の虫が光を求めて活動を開始するがごとく、

私めも!(って冬眠してたんかいっ\(^O\)(/O^)/)

この春ふたつの、ジャズ&ボサ・ノヴァのライヴのお知らせです。どちらも土曜日。ぜひぜひお出かけくださいませ~♪

  

  

’08年3月29日(土)

西麻布 Misty

Tel.03-5410-5413

六本木ヒルズと西麻布交差点の間にある、おしゃれなお店。1階の Charleston Cafeが目印。そのビルの5階です。 
Mistyといえば、ワインの権威・佐々木誠氏のお店。イベントもよく開催しておられます。ワインにご興味のあるかたは、お店でもお気軽にお尋ねになってみてくださいね!   
 
  ~出演~

日比 恭子(Vo)、
TAKERU(Pf)竹内 秀雄(B)

  

   

’08年4月12日(土)

上野 アリエス

Tel 03-3831-0523

地下への階段を下りて、一歩店内に入ると、そこは都会の喧騒を忘れさせてしまうような安らぎの空間。
水森亜土さんの壁画と、星空を思わせる照明が素敵です。銀座シグナスの姉妹店。

 
  ~出演~

日比 恭子(Vo)、
続木 徹(Pf)新岡 誠(B)

   

   

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月25日 (火)

十五夜さま

  今日は陰暦の8月15日、「十五夜さま」です。

2007923_01   

  六本木の背の高~いビルの53階でも、

このようにお月見の仕度が~(・∀・)

  

  そして、このページ左に住んでいるキョーコルも、

2007920_01 このように先日来なにやらそわそわと。。。(^^;

(で、結局、一句できたのかどーか??)

  

  肝心のお天気はどうなるのでしょう…。

ここ東京では、“中秋の名月”が姿をあらわしてくれるかどうかという雨空の朝を迎えていますが、

月の出の頃までには、どうにかなりそうですヽ(*´▽`*)ノ

  

  十五夜さまの夜に月へと帰ったかぐや姫は、

もしかしたら、その夜の晴れないことを願っていたのかも…。

いえ、晴れないということは、アリエナイことだったんでしょうね。

天人たちが降りてくるためには、

ぐいいと路をあけるくらいのことはしたのでしょうから(T-T)

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年6月22日 (金)

夏至

  お久しぶりでございます。

2年前の6月21日、夏至の日に始めたこのブログも、お蔭様で3年目に入りました。

「ちょうど2年!」という日を、21日にしようか、夏至の日にしようかと、夏至の日は年によってずれることを思い出しながら、迷っておりました。

それにしても、昼間の時間の一番長い日だというのに、一日曇り空でしたね。

残念残念。

 

   日のたけを 雲居にやどし 夏至のゆき

  

…てなことはどーでもよく(/O^)/O^)/O^)/ぽいっ

  

  あらためまして、

いつも遊びにいらしてくださっている皆さまがた、

本当にどうもありがとうございます!

ここのところ思うことはあってもなっかなか更新できませんが、少~しずつ頑張ってまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます♪

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007年4月20日 (金)

晴れて穀雨

  東京では昨日まで雨続き。そして明日からもまたお天気が崩れるかもしれないとのこと。

その合間の、気持ちよく晴れ上がった今日が「穀雨(こくう)」とは、なんともはや…。

 

2007420_2     実家の牡丹が今年も美事に咲いたというので見にいってみると、近所のたばこやさんのおばあちゃまの来客中。

なんでも、土佐からこ~んなに大きな筍が送られてきたので、食べるのを手伝ってくれないかと、実家の母に見せにみえたようでした。

これがホントの「雨後の筍」の話。

…まさかまさか(/O^)/O^)/O^)/

「こんな大きな筍を茹でられる鍋がお宅にあるか?」「いや、ない。」「うちにもない。」と、二人で思案しておりましたが、その後どうなったことやら~(^-^)

  

  いつ、どこで、降っても、晴れても、誰かの恵みになっているとは思いつつも、たまたまこの週末の好天を願う知人が多くいるので、(この青空がもう2、3日ずれて巡ってきてくれたらよかったのに)と、少々もったいなく思いながら、風に揺れる牡丹の写真を撮って帰ってきました。

おだやかな穀雨の昼下がりです。

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年1月23日 (火)

寒中の空

2007123_1    

 ふたすじの

     飛行機雲を

         導ける

   いづくの空も

      青からむことを

  

   

  

―― 小寒を過ぎ、大寒を過ぎ、

 あとは立春を待つばかり。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月24日 (日)

それぞれの24日

20061224_sugamo   朝まだき、すでに賑わいをみせていた巣鴨のお地蔵さまの通りの前で、はっとしました。

「4」のつく日は巣鴨のお地蔵さまの日。

そう!今日24日は、クリスマス・イヴであると同時に、今年最後の「4」のつく日なのでありました!

こちらにはこちらの、2「4」日があるのですね…と、ちょっとしみじみ(*^-^*)

  

  こうして、「今年最後」を数え上げながら、やがてなんでも「今年最初の~」になるまで、あともう一週間っ!

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年12月22日 (金)

冬至

  ここのところほとんど家にいないので、家は荒れ放題、ブログのほうはご無沙汰続きの毎日です。

  二十四節気のお話もさぼりにさぼり、ついに冬至となりました。

  

  こんな、昼の一番短いというなんとも厳しそうな日に、今は亡き祖母は生まれました。

毎日店先で失礼してくることの続いている実家にも、今日はちゃんと上がってお仏壇におまいりして来ましょう。

  そして今日だけは!なんとか今年のシメのひとつとして、するべきことはして過ごしたい。。。と思っています。(できるだろか。。。)

ゆず湯入るぞぉぉぉ~\(^O\)

かぼちゃ煮るぞぉぉぉ~(/O^)/

(これ、どうも根拠ないけど)こんにゃく食べるぞぉぉぉ~\(^O\)(/O^)/

そしてささやかなる幸せを感じたぁぁぁい(*´人`*)(←おおげさ)

  そういえば子どもの頃は、菖蒲湯の菖蒲でもゆず湯のゆずでも、出遅れると売り切れちゃうので、なじみのお花やさんや八百屋さんにとりおいてもらったものでした。

今はスーパーに行けばまず買い損ねることはないですものね。変わりました~。

  冬至をすぎればすぐクリスマス。皆様もどうぞよい週末を

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月28日 (火)

今年の酉の市

  ご無沙汰いたしておりました。

ようやく新パソコンをいじってみる気になり、遅ればせながらのアップです。

これを記している今日は、もう12月に入ってしまっておりますが、酉の市にふれずじまいでは、私が私でなくなるような気さえしまして。。。(大げさ!)

20061126_28_021   さてさて今年の酉の市、11月の4日、16日、28日と三の酉まであったというのに、なかなか出向くことができず、三の酉の日の夜遅くやっと行くことができました。

とはいっても、大急ぎで車でとんでいったのが災いし、駐車場も見つからず、前を通ってくるので精一杯でした。

ここは台東区千束の鷲神社。樋口一葉の「たけくらべ」の舞台となった竜泉寺町は目と鼻の先です。

三の酉の夜とあって、10時をとうに過ぎてもこの、人、人、人!!!

三の酉まである年は火事が多いと言われます。

実家は炭屋。まさに火の用心!

家計の火事もこわあああい~(m- -)m

ハートのBurning!!。。。ふむ、これはよしとしませう!!

今年もあとわずか。がんばりま~す♪

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧