いとをかしきことあれこれ

2008年10月31日 (金)

神のいぬ間に…

  先日、雹(ひょう)が降りました!

20081025_hyou 神様お留守のその間にとばかり、

直径1センチありそうなかなりの大粒ものが、

すさまじい音を響かせ降ってまいりました!

  

  

  更新を滞らせたまま、なんと、もう神無月も終わります。

  

  10月31日の夜。

今宵こそはと跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する魔物たちと、

明日までにと出雲からそれぞれの持ち場へ急がれる神様がたとで、

夜の大路はさぞかし賑わっていることでしょう。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年8月10日 (日)

大きなすいか

大きな大きなすいかをいただきました。

200889_001_2    

あんまり大きいので、その大きさが分かるような写真を撮りたいと、

500mlの缶を隣りにおいてみました。

  

200889_002 その騒ぎに、

なんだなんだと人やネコが集まってきたほど。

  

200889_003 おそるおそるネコがすいかの隣りに回り込んできたので、

これはいい比較になると思いましたが、

それでもこの巨大さは伝えきれないようです。う~ん。。。

  

200889_004 つまりは、

この表示に語ってもらえばよかったのですね happy02

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年6月25日 (月)

「たまご発生事件」?!

2007625   擬宝珠の葉に卵発生?!(・∀・)

いえいえ、これはただの露。

今日この辺りでは傘をさそうかどうしようかと迷うような、霧雨、というか、まるで霧吹きで吹いたかのような雨が降って、……というか、空中に立ち込めておりました。

その“霧?”が葉の上に水の玉を結んだのでしょう。

  

涼しくて、ちょっとほっとするような、しのぎ易い日でしたよ。

ああ、それなのに、それなのに、私の鼻の頭にはこんな日でもしっかり「たまご発生」。

  

一番下の妹が、己の身にも起こっていた事象を名づけたのか、はたまた私のためにことばを創ってくれたのか、鼻の頭が汗をかいている状態のことを「たまご発生事件」と呼んでから、早やンン十年。。。

大仰な名称ではありますが、本人の意思にかかわらず、ひどいときには本人も気付かぬうちに「発生」しているのですから、まさに「事件」なのです!!

「どんなに暑くとも、涼しい顔で歩いてみたい!」そんな“願望”はもとより、「歩いてみせる!」という“意気込み”すらあるのに、鼻の頭が言うことをきいてくれません。

(暑い。。。)と思わないときでも、人さまから「あ、鼻の頭に…」と言われてしまうのですから、手の施しようがないのです。

  

―― 今年も、「たまご発生事件」とのアツい闘いが始まっております。。。o(><)/

     

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007年2月 1日 (木)

オクトパス

ゆでられちゃったり、焼かれちゃったり、酢漬けにされちゃったり、

人気者ゆえ何かとひっぱりダコ。

またあるときは皆々様のごタコうを願ったりと、

多忙をきわめるこの御仁。

ねじり鉢巻がことのほかお似合いですが、

この時期はただ鎮座していてくださるだけでご利益があるらしい!

  

200721_01   

  「置くとパス」\(^O\)(/O^)/

   

   

    

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2007年1月13日 (土)

受験生の悩み…

2007113_01 片づけをしていて見つけました。

郵便物の封筒の裏に、

かなり悩んで書いたようですが、

気づくの遅すぎー!

今までいったいどんなふうに解釈を…

  

… といいますか、

今悩む件ではないような気も。。。(o__)o

でももしかして出るかな、、、いや、出ないでしょ、、、

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月24日 (日)

それぞれの24日

20061224_sugamo   朝まだき、すでに賑わいをみせていた巣鴨のお地蔵さまの通りの前で、はっとしました。

「4」のつく日は巣鴨のお地蔵さまの日。

そう!今日24日は、クリスマス・イヴであると同時に、今年最後の「4」のつく日なのでありました!

こちらにはこちらの、2「4」日があるのですね…と、ちょっとしみじみ(*^-^*)

  

  こうして、「今年最後」を数え上げながら、やがてなんでも「今年最初の~」になるまで、あともう一週間っ!

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月19日 (火)

西へ南へ(22) ――矢印の向き

2006812_syoshitsuten_1 「消失点」という言葉を思い出しそうな風景です。

でも、

あちらに向かって収束していくようにも、

こちらに向かって放たれてくるようにも、

どちらにも見えます。

  

  そういえば、

  終着駅だったり、

  始発駅だったり、

  矢印の向きによって、呼び名が変わることもありました。

  

そうかと思えば、

東京から小倉に向かうのも、

小倉から東京に向かうのも、

矢印の向きが変わっても、同じ、「帰る」。

  

不思議なものですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月31日 (木)

西へ南へ(3) ――アロハで浴衣で

  日付が8月のうちに、南国ムードの“さわり”だけでもご紹介させていただこうと思います。

  

  さてさて、北九州から鹿児島への小旅行。まずは、小倉駅から列車を数々乗り継ぎ、一路、指宿(いぶすき)へ!

  

2006810_ibusuki_01_1  駅員さんがたの制服は、アロ~ハ~ヽ(*´▽`*)ノ

次々と向けられるカメラに、にこにこ笑顔で応えてくださいました。

  

  駅の構内では、浴衣やアロハの女性がたによるおしぼりサービス。

2006810_ibusuki_02_1  「10日」で「・の日」とは。。。w( ゜ ○ ゜)w

むむむ。。。やるな(- -;

このスペース、駅前ロータリーに面した戸が閉まっていて冷房が効いているかのように見えますが、改札側のほうはそのままあけっぴろげにホームと繋がっているので、蒸し暑いこと蒸し暑いこと!!

そんな中、きりりと和服をお召しのご様子には感服いたしました。敵ながら、いやはやおみごとです。(なんの“敵”なんだっつーの(^△^; )

  

2006810_ibusuki_03   おおっ!こんな看板を発見!

「借りチャリ。乗っチャリ。走っチャリ。」

ですとぉぉぉーーー?!

ん゛ん゛ん゛ーーーっ!売られたケンカは買わねば!江戸っ子の意地がすたるってもんだー!ヽ(*`θ´*)ノ

あ、いやいや、ケンカじゃないし。。。ちょっと血が(何の?!)騒いでしまっただけで(*- -*)

  

  とにかく、勝手にアツくなってはいけない。。。そうでなくても、あっついのだあ~~ヽ(´△`)ノ

2006810_ibusuki_04   

  そして、駅前にあるレンタカーのお店へ、予約してある車を借りに。

ところが、店内はからっぽ。駐車場にも人影は見えません。店の奥に向かって声をかけても、誰か出てきそうな気配すらありません。宿へのチェックインまでに回りたい行程を考えると、予定はかなりタイトで、少しでも早く出発したい身としては、ちょっとやきもきしました。

そこで、ケータイで電話をかけてみました。目の前の机にある電話が鳴ります。その音を聞きつけて、どこか外からようやくお店の人が戻ってきました。ほっ。

「お待たせしました~ヽ(´▽`)ノ」と、なんともゆったりとした雰囲気と、ご当地のやわらかなイントネーションに、こちらもゆるゆるになっていき、先ほどまでの焦りが恥ずかしくなりました~(*^-^*)

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月28日 (月)

Something Blue

  大切な婚礼の日に花嫁さんが身に着けると幸せになれるという、4つの「Something」。

Something New、何か新しいもの。

Something Old、何か古いもの。

Something Borrowed、何か借りたもの。

そして、

Something Blue、何か青いもの。

  

  昨日、出かける際にあれこれ迷った末、青いバラのコサージュを!と思い立って決めたとき、なぜだかこの「Something Blue」の言い伝えが頭にちらつきました。

そしてほかの小物もブルーに統一していったところ、待ち合わせしていた相手二人も今日はみんな小物がブルーで揃って、お互いにびっくり!!

べつに、3人揃っておヨメに行こうとしたわけではなく(笑)、またコーラス・グループ、ファンキー・シスターズの3人組で1曲だけ歌ってきたというわけなのですが、衣裳の打ち合わせも何もせず、このおソロは嬉しかったです~

     

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年8月21日 (月)

「まっすぐ持たないと…。」

  

2006821_1    ……こうなってしまうらしい

   ( ̄▽ ̄;

  

「あ、大変ですよ!ショーウィンドウにアイスが…!」

と、通りがかりに本当にびっくりして、お店の人に教えてくださるかたもよくおいでらしい。

この夏も何人の人がいっぱい食わされたことでしょう。

    

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧