« そして十五夜さま | トップページ | 神のいぬ間に… »

2008年9月23日 (火)

源氏物語千年紀

  今年はボサ・ノヴァ生誕50周年にあたる年だとは、前にも申しましたが、

今年はなんと!

「『源氏物語』がこの世に誕生してから千年」という年でもありますshine

正確には、

「『源氏物語』がこの世に存在しているということを示す最も古い史料が西暦1008年のものであって、そこから千年」ということです。

2008923_01 全国各地で記念イベントが催されておりますが、今日はその一つ、横浜美術館の特別展「源氏物語の1000年」に行ってまいりました。

祝日ではありましたが、到着した時間が早めだったためか、さほど混雑も感じずにゆっくりと見て回ることができました。至福~lovely

  

  それにしても、かえすがえすも悔しきは、「枕草子」ではこれほどの大騒ぎはしてもらえないんでしょうねえ~、ということ。

ましてや、「更級日記」に至りましてはね~。

「源氏物語」には、、、妬けます。

  

  ま、それはいいとして happy02 (いいんだsweat01

2008923_02   

  私にとっては久しぶりの横浜。

高い高い青空と海風とを堪能してまいりましたよ!

カメラを持っていかなかったことが悔やまれます。

  

  帰りには、ちょっとお茶を飲めるところを探し、

JR桜木町駅をはさんでみなとみらいとは反対側の野毛のほうを、ぶらぶら散策してまいりました。

2008923_03 そして迷い込んだ(?)のがこちら、

桜木町ぴおシティ」。

初めての場所のはずなのに、(以前来たことがあったかも。。。)と、なんとなく懐かしい気持ちにさせてくれた地下街でした。

こちらもまた、本日の大収穫sign03

  

|

« そして十五夜さま | トップページ | 神のいぬ間に… »

コメント

えっ!
横浜にいらしたのですか?
それもみなとみらいに!!

昨日は私、大さん橋へ行っておりました。
ちょうど恭子さんが横浜を離れる時刻ぐらいかしら。

夕暮れの横浜もなかなかのものでしたよ♪

投稿: まさこ | 2008年9月24日 (水) 09:45

まさこさんへ
  
おお~!
「大さん橋」に!(・∀・)
 
…と言いつつ、
横浜の土地カンが全くないので、
どのくらい近いのか遠いのか、実はわかっていない。。。とほほ
 
>夕暮れの横浜もなかなかのものでしたよ♪
 
いいですねえ~。
ブルーライト、ならぬ、
トワイライト横浜~ヽ(*´▽`*)ノ
  
私はその頃京浜東北線に乗っていたと思います。
川崎?蒲田??の辺りで、
美しい夕焼け空の下、かっこいいタイヤの公園をみつけて感激していました!!
  

投稿: 恭子 | 2008年9月24日 (水) 21:31

>タイヤの公園

http://www.geocities.jp/tripto65/midokoro/taiya.htm
ここですよね!
私ずっと「タイヤ公園」が
正式名称だと思っていました(笑)
ちゃんと「西六郷公園」って名前があるって、
今日知りました(爆笑)

あそこは私も幼い頃、
遊びに行った場所です。
おそらく
にいたんさんも遊んだのでは?

それくらい京浜地区では
有名な公園です♪

車窓から気がついてくださったなんて、
なんだか嬉しくなりました。

投稿: まさこ | 2008年9月25日 (木) 10:07

>にいたんさんも遊んだのでは?

はい?
お呼びでしょうか?happy01

ここへは
よく母と遊びにきてました。
あの頃もうすでに
ゴジラのタイヤはありましたから、
この公園も半世紀近く
子供たちの人気スポットなんですね。


本文からはずれた話題で
失礼を致しました´ω`)ノドモ

投稿: にいたん | 2008年9月25日 (木) 22:02

まさこさんへ
 
サイト拝見してまいりました。
ありがとうございました。
そうです!ここここ!!ここです!
 
何年か前に車窓からこの公園を見つけ、
それ以来のファンなのです。
何駅と何駅の間かもよくわからないものですから、
近くなると外の風景に釘付け!
席があいても座らずに(笑)探していま~す( ´艸`)ウフフ
今回も見つけられてよかった~♪
 
>それくらい京浜地区では
>有名な公園です♪

そうなんですか!
いいですねえ~♡
あのように楽しそうな公園がお近くにあって。
今回見たのは祝日の夕方。
賑わっていました~\(^O\)(/O^)/
  

投稿: 恭子 | 2008年9月25日 (木) 22:27

にいたんへ
 
噂のにいたん、ようこそ(・∀・)
 
>ここへは
>よく母と遊びにきてました。

まあ!そうでいらしたのですか(^-^)
私も小さい頃父の配達の車で、
ずいぶんあちらこちらの公園に連れていってもらったように覚えているのですが、
あのタイヤ公園ほどのインパクトのある公園はなかったです。
 
あのユニークさはすごいですよね!
一度見たら忘れないですものね。
圧巻です!!
 
この度まさこさんに教わったサイトで住所もわかりましたので、
地図好きな私としては、是非ぜひ公園までたどり着いてみたいものです(・∀・)
  

投稿: 恭子 | 2008年9月25日 (木) 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/42573699

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語千年紀:

« そして十五夜さま | トップページ | 神のいぬ間に… »