« 夏の思い出 ――ひやむぎパーティー | トップページ | 夏の思い出 ――母のいなか »

2007年9月17日 (月)

夏の思い出 ――古書店へ

  この夏、初めて古本屋さんに本を持ち込みました。

2007816_01 この全集を、どうしても資源ゴミには出すことができなくて…

もう相当ボロボロなんですけれどね。

大型古書店ではなく、近所の小じんまりとしたお店にお願いしてまいりました。

1巻から50巻まで全巻揃ってはいるものの、かなり古いものだからとのことで、値段はつかず、引き取ってもらうのみとなりました。

いいのです。値段などついたら、かえって困ってしまうのです。

 

 7年ほど前の夏に東十条のマンションから今のところへ越してきたのですが、その引越し直前に、同じマンションの方から譲り受けたものなのでした。

自分の子供の頃このシリーズの何冊かが家にあったのでとても懐かしく、(1~50まであったとは!)と感激し、廊下を何往復もして汗だくになりながら自分の部屋に運びました。

引越し前に、物を片付けるどころかわざわざ増やすとは…、と家人には笑われましたが。。。(^^;

2007816_02  

  お蔭様で、それから何年か、再びわが家で大活躍。

そしてまる7年経ったこの夏、ついにお別れする決心が…。

お姫様のドレスの裾のバラの絵がだあ~い好きでした(*´-`*)

  

|
|

« 夏の思い出 ――ひやむぎパーティー | トップページ | 夏の思い出 ――母のいなか »

コメント

そっかぁ。
思い入れ深いものとのお別れは、
ちょっとセンチメンタル。

大事に送り出せてよかったですね。

投稿: にいたん | 2007年9月18日 (火) 08:33

ううん、惜しいですね。でも次の子が大切に読んでくれることと思います。

お姫さまと言えば、最近「高橋真琴」のお姫さま本を手に入れ、結構はまってます。目が顔の面積の半分くらい占める姫さまたち。

投稿: らき | 2007年9月18日 (火) 22:47

にいたんへ 
 
ご無沙汰しておりました!
 
どうもありがとうございます。
ええ。。。本当に。。。
本と離れがたいのか、
その本を必要とした時期が遠ざかるのがさみしいのか、
ともかくも、これは子離れのための第一歩?!
 
あとは、自転車の子供座席がいつはずせるか、
。。。です(^^;

投稿: 恭子 | 2007年9月19日 (水) 05:00

らきさんへ 
  
ありがとう~。
引き取ってくださった本屋さんには
ただただ感謝です(^人^)
 
今「高橋真琴」さんのサイトをみてきました~。

まばゆいばかりの瞳ですなヽ(*´▽`*)ノ
ほんっとに!
じゅえりぃ~だ じゅえりぃ~だ☆☆☆

投稿: 恭子 | 2007年9月19日 (水) 05:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/16472523

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思い出 ――古書店へ:

« 夏の思い出 ――ひやむぎパーティー | トップページ | 夏の思い出 ――母のいなか »