« 夏の思い出 ――古書店へ | トップページ | 夏の思い出 ――白熱球 »

2007年9月20日 (木)

夏の思い出 ――母のいなか

2007814_01   お盆には日帰りで、母のいなかに行ってきました。

去年のお盆には縁側に三つ並んでしまっていた提灯が、今年は二つになりました。

4年前に亡くなった祖母の分の提灯が、三度のお盆を経た後しまわれたからです。

来年には祖父の分が、再来年には若くして亡くなった叔母の分がしまわれていくのです。

去年まで、新しい仏様の「新盆」が続き、ことさらに人の出入りの多いお盆を迎えてきた母の実家でしたので、今年のお盆は心なしかひっそりとして感じられました。

 

2007814_02   叔父がひとりとなったこの家の、かまどはもう使われていない様子です。

子どもの頃は、祖母が、叔母が、汗だくになってこのかまどでお昼の“うどん”(と皆呼んでいましたが、ちょっと太めのひやむぎ位だったかも(^-^)~)をゆでてくれておりましたっけ。

懐かしく遠い夏休みの思い出です。

   

|

« 夏の思い出 ――古書店へ | トップページ | 夏の思い出 ――白熱球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/16543611

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思い出 ――母のいなか:

« 夏の思い出 ――古書店へ | トップページ | 夏の思い出 ――白熱球 »