« 風が好き | トップページ | 梅雨空の端くれ »

2006年6月18日 (日)

父の日によせて

  今年の父の日は、T.K氏のご葬儀の日となってしまいました。

氏は、父の卒業したK校の卒業生でもいらっしゃいました。父よりも10近くお若いので、父のことなどご存知のはずもないのですが、「親父さんが先輩だからな~、しょうがないな~。」とおっしゃっては応援(=酷評)してくださいました。

K校のお話になると、懐かしそうにお顔をほころばせておいででした。

6年前に父をなくしてからも、父や、K校の話のできるT.K氏は、私にとってはなんとなく父のように感じられる存在でした。

告別式の最後には、ご列席のK校同窓のみなさまがたが校歌をお歌いになり、送られました。

最期の時を迎えられたのも、父と同じ病院でしたし、つくづく不思議なご縁を感じます。

  

  昨年の父の日から今年の父の日までに、私は「父」と慕う人を二人なくしました。

そんなことを思う折、こちらによく遊びにいらしてくださるまさこさんのブログで、「千の風になって」という歌とご本を知りました。ありがたい出会いでした。

  

  髪を梳き 頬なで ときに背中押す

         風となりぬる 父たちのあり

    

|

« 風が好き | トップページ | 梅雨空の端くれ »

コメント

恭子さんへ

季節の風は、先人たちのメッセージなのでしょうかね。

あ、この痛い風はきっとうちのおやじだぁ~

T.Kさんがお元気であれば、いつか私も恭子さんのライブでお知り合いになれた方かも知れませんね。

心から、ご冥福をお祈りいたします。


投稿: まさこ | 2006年6月21日 (水) 10:14

追伸・・・

私のところへのリンクをありがとうございました。

投稿: まさこ | 2006年6月21日 (水) 10:15

まさこさんへ

リンクさせていただき、どうもありがとうございました。

あの歌(ご本)には、まず、タイトルが素敵だなあ~と感動していた時間があり、その後に内容を知ったので、そのときの衝撃は強烈でした。
あまりびっくりして、まさこさんのほうに書き込みもできないうちに、次第にこちらのほうで気持ちがまとまり、記事を書き、リンクさせていただいたという順番になってしまって。
本当にどうもありがとうございます。


T.Kさん、ほんっとに素敵なかただったの!
いつか写真みてね♡


>あ、この痛い風はきっとうちのおやじだぁ~


おなじく(- -)

短歌の中では、「父」と慕ったお二人をイメージしてやむなく(笑)、
「頬なで」る風にしましたが、
うちの父を考えたら、「頬打つ」風もいいかなあ~と、悩んじゃいました(^ ^;

投稿: 恭子 | 2006年6月21日 (水) 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/10615887

この記事へのトラックバック一覧です: 父の日によせて:

« 風が好き | トップページ | 梅雨空の端くれ »