« 今日という日はここで… | トップページ | 「津軽鉄道の少年」 ――交通博物館閉館によせて その2 »

2006年5月15日 (月)

まめはかせたち ――交通博物館閉館によせて その1

  5月14日付けの記事でお話したとおり、閉館の予定を知った2月の末から大慌てで、交通博物館に何度か行きました。

記念硬券切符の配布や、万世橋駅遺構見学ツアーのためなど、各種行列にも並びました。そんなとき聞くともなしに聞こえてくる前後の人々の会話や、展示物の前で交わされる人々の会話から知識を得ることもありました。

行くたび館内には、鉄道や交通博物館に関して“きわめて”おられ、その道には“一家言”お持ちのかたがたが大勢おいででした。特に、まだ小学生だろうなと思われる男の子たちの熱心さには目を見張るものがありました。

  たとえば閉館の日も、万世橋駅の模型展示の前を過ぎたとき背後からこんなやりとりが。

 「これは東京駅と同じ建築家によるものなんですよね。」

 「そうですね。東京駅のほうが○○年あとになりますけれどね。」

 「関東大震災の時には××で…」

そのあとはもう「△△ですよ。」「□□でもありましたしね。」と、私なんぞにはよくわからない専門的なお話が続いていました。

振り返ればそこには、30台半ばくらいの男性と小学生くらいの男の子が。身長差も30~40センチはありそうなお二人が、模型を前に腕組みをしながら真剣な顔で並んでおいででした。

 (親子さん…かしら?)

と思ったのも束の間、お二人はそれぞれの方向へと分かれて行かれました。

子どもだからと軽んじない男性もすごいし、おとなと対等に語れるほどの勉強を積んできている少年もすごい!交通博物館にはそんな“まめはかせ”たちがたくさんいました。

  さて、この14日閉館の日、私は朝の9時前には外で入場を待つ長~い列に到着。通常は9:30開館のところ、この日は8:30くらいには開館したそうです。列は順調に進み、私も9時過ぎには入れました。最後にもう一度見ておきたいスポットを回り、「あ!記念弁当の列に並ばないと!」と思い出したのが9:15。すでに長蛇の列でした。失敗!

この交通博物館記念弁当は記念ポストカード付きで、一日限定500個。ポストカードと包装紙は3種類あり、ちょうどラストの3日間で全種が揃うようになっていました。マニアの皆さんにはたまらない品だったようです。

9:15に列について間もなく、「記念弁当の発売開始は9:45の予定です。」と係りのかたがメガホンで叫んで回り始めました。並んで待つのはかまわないのですが、問題はここまで数が回ってくるかどうか…。

列の前のご婦人が、

 「昨日、一昨日はこんなに並んではいなかったんですよ、今日はやっぱり特別ですね。」

と話しかけてきてくださいました。小学生くらいの息子さんも一緒に並んでいました。

 「一人何個まで、って決めてくれないかな。」

と男の子。確かに!そうでもしなければ、「限定500個」が手に入るわけもない位置にいます。

やがて館内に、「記念弁当、本日はお一人2個まで。」という旨の放送が流れました。

 「やった!ぼく、ちょっと数えてくる!」

と男の子はお母さんに荷物を預けて走っていきました。おお~っ!頼もしい!ここは何番目だろう…どきどきです。

しばらくして男の子が帰ってきました。

 「この前にはだいたい200人くらいかなあ。」

 「じゃあ大丈夫かしらね。」

荷物を受け取り、男の子は列に戻りました。お二人の嬉しそうな会話が聞こえてきます。

ほっ。「限定500個」「お一人2個まで」ですから、200番目くらいならどうにか回ってきそうです。よかった~。見てきてくれてありがとう~。

ご婦人がにっこり私を振り返られたので、「しっかりなさった息子さんですね。」とお礼を言おうとした瞬間、思いもがけない言葉が。

「こちらのお子さん、朝ごはんも食べないでとんできたって言うんですよ。」

えっっっ…?!てっきり親子さんだとばかり思っていた私は、呆然。。。男の子は一人で来ていたのです。

ここにもたくましい“まめはかせ”あり!だったのでした~。恐れ入りました!

  そしてこちらが、交通博物館記念弁当の「5/14限定掛け紙」と中身です。二人で並んだのでめでたく4個ゲット。持ち帰り、その日のわがやの晩ご飯となりました\(^O^)/

2006514_obentou_01 2006514_obentou_02     

    

      

|

« 今日という日はここで… | トップページ | 「津軽鉄道の少年」 ――交通博物館閉館によせて その2 »

コメント

 恭子さんへ

  (ゑ人ゑ)うぅう。
  ちゃんと包み紙に「5.14限定掛け紙」って書いてあるんですね。

  それにしてもここに集まる人は、アキバとはいえ、ただの「オタク」という言葉でくくっちゃうにはあまりにも違う人種ですね。
  もちろん萌え~って言ってる人たちだって、話を伺えばかなりの奥深さを感じられるんだとは思いますが。


  追伸:
  ボクには量的に少ないかも(爆w)

投稿: にいたん | 2006年5月25日 (木) 15:21

にいたんへ

あはは(^▽^)
確かに少ないかも~。

私もぱっと見ておかずがいろいろあるので、いちおう食べ盛りの人々(何人家族だというのだ~)のためにご飯炊いたんですけどね、
ホットドック(中央)、スパゲッティ(中央列右)、ご飯(下列左)、オムライス(下列中央)あたりのおかげで、いただいてみると結構ボリュームがありました。

おおっ?それでも足りないとな。
さっすがにいたん!頼もしきお言葉!(^人^)~♡


そうですよね~。
何かを深く探求する人のことを、みんなまとめてすぐに「オタク」って言っちゃう。
「オタク」って言葉はあまり敬意の感じられる言葉ではないけど、その「オタク」だって本来、一朝一夕ではなれないものなんですからね!
ひとつのことをきわめようとする姿は、やっぱり迫力ありますよねっ!


投稿: 恭子 | 2006年5月25日 (木) 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/10230087

この記事へのトラックバック一覧です: まめはかせたち ――交通博物館閉館によせて その1:

« 今日という日はここで… | トップページ | 「津軽鉄道の少年」 ――交通博物館閉館によせて その2 »