« 弥生雑感 | トップページ | 上巳(じょうし)の節句 »

2006年3月 2日 (木)

なくなりゆくもの

    昨年11月20日の記事で、舎人線の工事のお話をさせていただきました。

その工事も今や終盤にさしかかっているようです。

日暮里駅横の線路沿いにあるこの坂の眺めも、ずいぶん変わりました。

tonerisen_kouji_01 11月20日の記事中でご紹介したこの写真の、右側にある巨大な橋脚から、ついに立派なレールが延びてきました。

  

  

2006   これは今日ケータイで撮ったものです。

もうすぐ、レールは写真左手の駅までつながります。

坂を上るとき、上りきった向こうには無限に広がっているかにみえた空は、もうあとわずかで見えなくなります。

永遠にとじられてしまおうとするまぶたのようです。

なにごとも変わらぬままでと願うことは無理なことだとわかってはいても、ちょっとさびしい。

         

|

« 弥生雑感 | トップページ | 上巳(じょうし)の節句 »

コメント

 恭子さんへ

  >永遠にとじられてしまおうとするまぶたのよう
  (TOT)おーいおーい
  こんな工事現場の写真で泣かされるとは。

投稿: にいたん | 2006年3月 3日 (金) 14:41

にいたんへ

わわわ。。。(+ +)ごめんなさい!
びっくりさせてしまって!
それから、どうもありがとうございます。

これしきのことで残念がっていたらいけないとは思いつつ、刻々と変わりゆく町並みに、いちいち心のさわいでしまう毎日です。

投稿: 恭子 | 2006年3月 5日 (日) 02:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/8918497

この記事へのトラックバック一覧です: なくなりゆくもの:

« 弥生雑感 | トップページ | 上巳(じょうし)の節句 »