« 明日はアリエス~♪ | トップページ | 春立つ日 »

2006年2月 3日 (金)

節分

  先日ご紹介した富士見坂にほど近い神社での豆まきです。

2006   まずは邪気を祓うとされる、弓の儀式から。
二方向へ1本ずつの、2本放ちました。
1本ごとに、

おおーーっ\(^O\(^O\(^O\(^O\)
おおーーっ(/O^)/O^)/O^)//O^)/

と、どよめきが。

2006   続いて豆まき式です。

撒き手の皆さんは、お社で神主さんからお払いを受けます。

あらま、近所にお住まいの三遊亭好楽師匠のお姿も ( ・ v ・ )

このブログについに初登場ですね!

掲載の許可もいただきました。(「ブログに載せてもいい?」「おう、いいよ。」ってなもんでしたが、いいんでしょうか。師匠、どうもありがとうございます。)

2006   地域の大人たちにまじり、地元の小学校からも「年男、年女」たちが撒き手の役に参加。今年で満12歳になる、5年生や、早生まれの6年生たちです。

いい経験ですね~。私が子どもの頃にはこれはなかったですね。みんなやや緊張気味の顔をしています。 

  そして手に手に枡を持ち、舞台へ登場。

境内には「待ってました!」とばかりの歓声があがります。

2006 師匠も撒いてます、撒いてます!

…おおお、なぜか先ほどから、師匠のいでたちが他の方々と違うように感じられていましたが、そのわけがわかりました!

皆さんは洋服の上に神社の用意した裃(かみしも)をお召しなのですが、師匠はそのうち下の袴(はかま)のほうしかお召しでないのですね。
和服姿でおみえになって、裃の肩衣(かたぎぬ)のほうは着けず、上はご自前の羽織のまま。
私は和装のことはよくわかりませんが、この羽織姿、やはり噺家さんらしくて、粋ですねえ~。

  

  今日は家々からも、「鬼はぁー外ぉー!福はぁー内ぃー!」という掛け声が聞こえてくることでしょう。

夜は冷えそうですが、その時だけは窓を開けなくちゃですね。

閉めたままでは、追い出したい鬼も出て行かないし、やってきた福も閉め出しちゃいますものね (*^-^*)

  立春を明日に控え、東京はぽっかぽかの一日でした。

    

|

« 明日はアリエス~♪ | トップページ | 春立つ日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/8350644

この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« 明日はアリエス~♪ | トップページ | 春立つ日 »