« ためこみぐせ | トップページ | 「同じ心ならむ人」 »

2006年1月16日 (月)

お手柄!青年団!

  昨日15日(月)午後6時少し前、自宅から3ブロックほどの距離のところで火事がありました。

幸い発見が早く、けが人もなく、燃え広がることもなく、大惨事には至らずにすみました。

出動した消防車の数だけはものすごかったようで、それがまた現場のある細い道には入れず、周囲をとりまく大通りに10台…いえ、15台ほどもずらりと並んだものですから、そのものものしかったことといったら…!

騒ぎは大きかったのですが、炎や煙を実際に見た人は限られた人しかいないほどの火事だったようで、今日は町内中、「昨日の火事はいったいどこだったのか?」から始まり、その話題に終始しておりました。

かくいう私は、火事の少し前の時間から車で外に出ており、戻ってきた6時過ぎには自宅への道が完全に封鎖されていて、表通りに並んだ消防車の数と、夜空を照らさんばかりにぐるぐるとまわる赤いランプにびっくり仰天し、いったいこの中で何が起こっているの?!とかなりパニックに。
封鎖が解けて帰宅できた後も、結局詳しいことはわからないままでした。

  さてさて、一夜明けての今日、近所でうかがい知ったことをまとめるとこうなります。

  昨晩は、午後6時からの町会の新年会のため、町内のおもだったかたがたは火事の時刻、町内の(火事現場とはわりと離れた)小料理屋さんに集合していたそうです。

もうそろそろ開会かという頃、小料理屋さんでは「まだ○○と△△と××が来ていないな。」とみながきょろきょろなさっていたらしい。

そこへ、消防車のけたたましいサイレンが聞こえだし、「火事の場所はどこどこ番地らしい!」「いや、あっちだ!」「こっちだ!」とさまざまな情報がとびかい、当然新年会どころではなくなったとのこと。

  いっぽう、「まだ来ていないな。」と言われていた3人はどうしていたかというと…

町の青年団の主要メンバーともいえるその3人組、待ち合わせて新年会会場に向かうも、もう遅刻かと道を急いでいたところ、

「ん??なんだか煙が…」と1人が気づき、なんだなんだと3人で路地へ。

すると、空き家と思われていた家からの出火に、近所のおばあちゃまがたが慌てふためいている!

3人は通報と同時に、どこからともなく3本の消火器を調達し、初期消火を試みたらしい。

が、いったん消しとめたかに見える炎は、またその後ろからめらめらと…そしてまた消火器を向けて…の繰り返し…

そのうちに、ようやく消防車が到着。

  最初の消火活動が行われていなかったら、どんなに大きな火災になったことかと言われたそうです。

新年会のため、よりにもよって“町内に男手のなかった時間”(←町の人の言。やや大げさかと思うが、気持ちはよくわかる!)に、遅刻3人組が通りかかった幸運!

それもさることながら、なんといっても、即座に行われた消火器による初期消化のみごとだったこと!日ごろの訓練の成果ですよね。

…町内の人々の感謝は尽きません。

  

―― 折しも、明日1月17日は、「防災とボランティアの日」。

      

|
|

« ためこみぐせ | トップページ | 「同じ心ならむ人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/8198487

この記事へのトラックバック一覧です: お手柄!青年団!:

« ためこみぐせ | トップページ | 「同じ心ならむ人」 »