« とうとう冬至 | トップページ | 「イブの出来事」 »

2005年12月23日 (金)

はじめてのおしろい

oshiroi_01   恥ずかしながら、初めて「おしろい」というものを手にしました。

もう何ヶ月か前に人様からいただいたものですが、まだ眺めているだけで、おろしていません。

このようにステキなものを前にすると、それに似合う「鏡台」がほしくなるというもの…?!

いえいえ、今の自分のジュータク・ジジョーでは、甚だ無理な話です。

  そういえば、母の鏡台の三面鏡は楽しかった!
その前に座っては、鏡を合わせたり、角度を工夫したりして、鏡の中の不思議な世界を覗き込み、時間を忘れて遊んだものでした。

あの鏡台は母のお嫁入り道具の一つだったのでしょうか。

  

  いつでしたか、小さいときにみた何かのドラマで、こんなシーンがありました。

まだ何も持たない、若く、貧しいカップルが生活をスタートさせるために小さな小さな部屋を借り、二人でその部屋に入ると、小さな鏡台が据えてある…

驚く彼女に、彼氏のひとこと。

  「女の人には、必要でしょ?鏡台 (^-^)」

そして彼女がうるうる (; ;) 。。。。っと。……

   

  きゃあーーー\(^O\)(/O^)/クサかろーがなんだろーが、カッコイーッ

“女の人には鏡台”、かあ~。

それ以来、「鏡台」には漠然と憧れていますが、これまでの人生でまだ持ったことがありませ~ん。

まあ、洗面台の前でばたばたと済ませる、それで困ったことはないので、これからも持つことはないでしょう。

ですから(?)、このおしろいももうしばらく眺めていることになりそうです。

oshiroi_02   それに、これ、中にまでこんなかわいいレリーフ??が。

もったいなくて使えなあ~いヽ(*´▽`*)ノ

  …こうなるともう、ただの相当なビンボー症です(笑)

      

|
|

« とうとう冬至 | トップページ | 「イブの出来事」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/7626563

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのおしろい:

« とうとう冬至 | トップページ | 「イブの出来事」 »