« お“葉”見 | トップページ | 帰京 ―― 窓からの京 »

2005年11月26日 (土)

小倉行 ―― みどりの車とあおい富士

  法事のため、東京駅から新幹線で一路、九州は福岡、小倉までの一人旅。

西へ行く新幹線には何度となく乗ってきましたが、ああ。。。今回ははからずもグリーン車になぞ乗るハメ?!に。

こんな贅沢。。。居心地がいいんだか悪いんだか…(T-T)

ふかふか~\(TO\(TO\) ひろびろ~(/OT)/OT)/

kokura_yuki_01 二度と乗ることもないだろうから、記念に写真撮っちゃえ。

ひえ~、恥ずかしいかも

私は進行方向右側の窓側。
ラッキー!!お天気がよければ富士山の見える側です!!

  通路側には、同じく東京駅から若いお嬢さんが乗ってみえました。

座に着くやいなや、発車前からさくさくっと軽やかに朝食をとられ、その後はノートパソコンを取り出し、これまた軽やかにキーを打ち始められました。

グリーン車のテーブルは、前の座席の背中に付いているのではなく、自分の座席の肘掛の中からバコンと出して広げるタイプ。
位置はちょうど膝の上になるし、使用する時の振動が前の座席の方に伝わる心配もありません。
ですので確かに、書き物や、パソコンの作業などにはもってこいかもしれません。

全てがとても慣れておいでの感じで、かっこよかったです~。
(恥ずかしながら、そのテーブルの出し方も、足を置く台の出し方もしまい方も、そのお嬢さんのなさるのを見て知りました。)

  パソコンの画面が視界に入っては申し訳ないような気がしたので、私はもっぱら窓の外を。

kokura_yuki_02   しばらくすると、富士山が見えてきました。

「ああ~、ほらほら、富士山が見えてきたわよ。よかったわねえ。お天気がよくて。」

…と、まるで私の思ったことと同じことを話される声が後ろから聞こえてきました。

一人の私は、感激してもさすがに心でつぶやくだけしかできないので、代わりに声に出していただいているような気がして、なんだかちょっと嬉しくなりました。

kokura_yuki_03    これは、富士山が一番近くなったくらいの時。

そのときも、聞こえてきました。

「大きいわねえ~。なんて大きいんでしょう。また裾野の広いこと。見て見て!富士山たら、あ~んなに足を長ーく伸ばしてる。あんなに長くのばしても、どこにもぶつからないのかしらねえ~。不思議ねえ~。」

(…うんうん。不思議~(・ ・) )と、思わず私までうなずいてしまいます。

それにしても、おとぎ話みたいな、なんてすてきなお話。
お子さんでもお連れなのかな?

kokura_yuki_04   やがて、富士山はだんだんと後ろに…。

「富士さ~ん、バイバ~イ、バイバ~イ!ね、ほら、バイバ~イってね。」

私も一緒に心で、(富士山、バイバ~イ!)

  それから少しして、後ろの方々がお手洗いに向かわれるため横を通られた時に、初めてわかりました。

さきほどからのお話は、小さなお子さんにではなく、かなりご高齢のおばあちゃまに向けられていたものだったのです。

やさしいやさしいお話でした (*^-^*)

  パソコンのお嬢さんは、ずうっとお仕事を続けられ、名古屋で降りて行かれました。

その後も、入れかわりたちかわり、いろいろな方々が乗ってみえて、グリーン車はほとんどいっぱいでした。

土曜日だというのに、背広姿のおじさまがたもいっぱいです。

かくいう私、どうしてこの度グリーン車だったかというと、切符をとるのについ出遅れて、希望する時間の普通車がとれなかったのです。(たったの1枚なのに…!)

グリーン車なんて落ち着かない。。。ああ。。。庶民だわ(涙)

  そういえば!
知り合いの女性ピアニストで、東京から横浜の仕事に行く時、あえて新幹線のグリーン車で行くことあるよ、って言ってた人がいた!
時間がぎりぎりの時、グリーン車に飛び乗って移動しながら、譜面準備もお化粧も済ませてしまうらしい。
ほんっっっとに困った時には料金にはかえられないよ、便利だよ、って。
ふーむ。なるほど。いろいろな利用法があるものです。

  かくして、小倉到着。

降りる時には、「ご自由にお持ち帰りください」と座席のポケットにあった雑誌を頂いてきました。

「東京の細道特集」が載っていたので!!

… ってゆーか、“記念に”でしょ、やっぱり (^○^) ああ。。。恥ずかしい

    

|

« お“葉”見 | トップページ | 帰京 ―― 窓からの京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/7390367

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉行 ―― みどりの車とあおい富士:

« お“葉”見 | トップページ | 帰京 ―― 窓からの京 »