« 「こ~こはど~この…」始めました! | トップページ | 二の酉の夜 »

2005年11月20日 (日)

すでに無いもの、いまだ無いもの

  「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。」

と、この世の無常であることを語るところから、鴨長明の「方丈記」は始まっています。

  その「方丈記」を、高校2年の時にかなり詳しく授業で学ぶ機会がありました。
その折に――研究者の名前が思い出せないのですが――「方丈記」についての評論がプリントで配られました。
その中にあった言葉で今でも忘れられないものがあります。

  その筆者は、乱世に生きた鴨長明のことを、「『すでに無く、いまだ無い』という、“時代の避け目”を見てしまった人」というように評していました。

すでに無く、いまだ無い」というのは、あるものが無くなってしまったのに、次なるものがまだ確立されておらず、そのはざまに不安定な状況だけが存在してしまう、そんな様子をあらわした言葉でした。

  

  ただいま、舎人線(とねりせん)という新交通の開通に向けて、この近所でも工事が続いています。

  この舎人線、当初の予定からは大幅に開通予定がずれこみ(最初はいつが目標だったのか、もうわかんなくなっちゃったほど!!)、今では19年度開通が目標となっているようです。

tonerisen_kouji_01   こちらは、舎人線の乗り入れに向けて大工事の進む、JR日暮里駅前の様子。

この幕はもう何ヶ月か前から張られており、その向こうで工事が行われているのだろうとは漠然と思ってきましたが、先日(…もしや…?!)とふと気づいた時には遅かったです。

tonerisen_kouji_02    この幕の向こうには、駅下の広場に降りる、私の好きな段々がありましたが、それはもうすでに無いものとなっていました。

愕然。。。

幕のこちら側はよく通っても、広場側から見ることがほとんどなかったので、そちら側で何が起こっているのか気づかなかったのです。

tonerisen_kouji_03   

  今さら遅いのですが、あんまり悲しかったので、段々のあった「跡」だけでもと思い、今日写真に収めてきました。

見てやってください。。。おーいおいおい(o__)o

  tonerisen_kouji_04 そして、こちらは荒川にかかる扇大橋

北に向かって走る右側に、舎人線の線路がところどころ出来上がってきています。

  画像は悪くなりますが、写真の中央部だけアップにしてみますね。

tonerisen_kouji_05   この作りかけの線路の端…!!

映画「スピード」(「2」じゃないほう)で、バスがジャンプした作りかけの道路を思い出されるかたもおいででしょう。

延びる先がいまだ無いこんな線路が、こちらに向いてザクッと切れたかのような姿を覗かせています。

間違えて向こう側から今にも電車が走ってきそうな、そんな錯覚におそわれると……ちょっと怖いです…… (> <)

  

  さて、この舎人線、開通したあかつきにはこのあたりの生活は大きく変わりそうです。

  ……いえ、すでに変わりました。
舎人線はいまだ出来上がっていませんが、すでに無くなってしまったものがたくさんあるんですもの……。

tonerisenn_kouji_06   この写真の中の、工事中の敷地の一角には、駄菓子屋さんが軒を連ねる横丁がありました。
一歩入るとタイムスリップしてしまいそうなその道は、私の大好きな細道のひとつでした。
工事のためにその横丁が取り壊されるという噂を聞いて驚いてからも、近いからいつでも行けるような気持ちでいるうちに、無くなってしまいました。

たくさんの方が便利になる工事だとわかっていても……さみしいものです (/_;)

  これで、工事が無事終了して、
高架の上を最新の車両が走るようになって、
乗り降りする人の流れも賑やかになって、
沿線の町が活気づきでもすれば、
…また気持ちも変わるのでしょうけれど…

  今はまだ、「すでに無く、いまだ無い」そんなはざまにいる、なんとも複雑な気分です。

      

|
|

« 「こ~こはど~この…」始めました! | トップページ | 二の酉の夜 »

コメント

 恭子さんへ
  日暮里駅前の駄菓子問屋街ですね。
  あそこの空間は、自分が幼少時代にタイムスリップ出来る不思議な空間でした。
  そう言えば、潰される前にテレビで何度か、ここの特集をワイドショーが取り上げてましたっけ。

  そうですか、もうないんですか……(/_;)

投稿: にいたん | 2005年11月22日 (火) 09:40

にいたんへ
そうなんですよ…(T-T)
もちろん、問屋さんすべてが店じまいをしたわけではなくて、
新しくできるビルの中に入る予定のお店や、すでに大通りに移転して営業を続けているお店もあるのです。
ただあの場所は、あの向かい合ったお店の軒と軒が重なるくらいの、あの雰囲気がよかったんですよね。
残念です。。。くすん。

投稿: 恭子 | 2005年11月22日 (火) 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/7242478

この記事へのトラックバック一覧です: すでに無いもの、いまだ無いもの:

« 「こ~こはど~この…」始めました! | トップページ | 二の酉の夜 »