« 古道具? | トップページ | トシシタ ノ オトコノコ »

2005年9月23日 (金)

秋分

  今日はお彼岸のお中日。お隣のお寺さんには、お墓参りのかたがたが次から次へとおみえで、日がなお線香のいい香りが漂ってきていました。

  7/8には「お盆前だから」、と、7/28には「旧暦のお盆にみえるかたもあるから」、と、常に私を悩ませている、凄まじい伸びっぷりのわが家のノウゼンカズラ。今回こそは大丈夫っ!!ばっちり“床やさん”してあるので、も~う余裕でお彼岸を迎えております v( ̄▽ ̄)はっはっは

い―のです。お寺にはみ出してさえいなければっ!お塔婆にからんでさえいなければっ!たとえ、剪定した枝や葉を、片付ける気力のないまま垣根のこちら側に密かに山積みにしているとしても……あ!いえいえ、なんでもありませ~ん\(^O\)(/O^)/あたふたあたふた。

   

  「秋分の日」は、ご存知のとおり、毎年9月23日と決まっている祝日ではありません。「秋分」も「春分」も二十四節気のうちのもので、暦がきちんと計算されて公式に定まり発表されるのは、前年の2月1日の国立天文台の発表を受けてからだそうです。夏至も冬至も毎年何月何日と定まっているものではありませんが、こと「秋分」「春分」に関しては、祝日としてカレンダーに印のつく日ですから、なんとも気になる話です。

  今年の「秋分の日」は、土日がお休みのかたならばその二日間と合わせて三連休になったので、どこかへお出かけの方も多いでしょうね。

  そんなことをのんびり考えていたら、友人からメール。尖った鉛筆を踏んづけて、折れた芯が足の裏にささったままになり、取ろうとすればするほどもぐっていきかけるのを、大格闘の末、“摘出”したそ―な。ささった芯の長さは9mm、そのうち8mmがもぐっていたらしい。メールはその感動 o(T-T)o を伝えてきてくれたものですが、結びは「家人に頼らず、自力で引き抜いた瞬間の、なんともいえない達成感!!」、と…。

  穏やかな秋の空の下、いろいろなことが起こるものです……(o__)o

    

  夏至に始めたこのブログ、秋分の今日でやっとこさっとこ4分の1年になりました。明日からさらに「秋の夜長」へと向かうわけですから、超!夜型人間の私のこのとりとめのないおしゃべりは、さらに勢いづいていく。。。のでしょうか ??

  今度ともどうぞよろしくお願い申し上げま~す (∂v∂)/

   

  ひととせに たけとりどりの 夜は来れど

         君を想はで 明くるものかは

    

|
|

« 古道具? | トップページ | トシシタ ノ オトコノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/6078769

この記事へのトラックバック一覧です: 秋分:

« 古道具? | トップページ | トシシタ ノ オトコノコ »