« 母のいなか ――昔の名前 | トップページ | 母のいなか ――真岡線 »

2005年8月16日 (火)

母のいなか ――ジャム工場

  母の実家は本家にあたるので、お正月やお盆に遊びに行けば、集まる親戚に一度に会うことができます。そのかわり、自分からはその親戚の家々を訪ねることのないまま、今日に至ってしまいました。

  先日の母の里帰りでは、「あちこち行ってみたい。」という母の希望から、母が実家に先に到着していた叔父や叔母たちも誘い、車で“オプショナル・ツアー”?に出かけました。

  その立ち寄り先のひとつの親戚の家には、敷地の一画にこのような建物が。

2005 「館童児蘭鈴」…

なんとも歴史を感じさせる建物です。聞けば、この児童館は20年前に閉館となったらしく、その後は親戚がジャム工場として使っているそうです。

中を覗いたら、まるでタイム・スリップ!(本当は外見のほうがそうなのですが(笑))中はすっかり改造されており、近代的な作りの作業場にジャムを煮る大きなお鍋がど~ん!なんでも、自分の畑で材料を栽培するところから手がけている「木いちごのジャム」が一番の人気の品だそうで、東京のお店にも卸しているのだとか…。知らなかった…。いえ、そもそも、親戚にジャム工場を営んでいる人がいること自体、初めて知って感激!身近なことのはずなのに、知らないことってたくさんあるんだなあ。。。

  

  すべて手作業のジャム作りでは、ジャムの味加減、煮加減はもとより、瓶に詰める時が一番大変だという話でした。

「ぐつぐつに煮上がったジャムを、熱々にしてあるガラスの瓶に詰める、そのときはゴム手袋をしていてもやけどしそうに熱くて大変(- -)!」とのこと。

「ちょっと冷めてから入れればいいのに~(; ;)」とは、私の愚問。

「雑菌の繁殖を防ぐためには、ジャムも瓶も熱々のうちに全て行わないと(- -)!」

…w( ゜ o ゜)w 確かに!そのとおりなんですよね!

あのジャムの瓶を開けた瞬間にポコッとふたが膨らんで戻るあの感じ、あれは、そういう状態の時に密封するからこそ起こることですのにね。お恥ずかしい質問でした~((((( ; ^o^)失礼しました~!

  

|
|

« 母のいなか ――昔の名前 | トップページ | 母のいなか ――真岡線 »

コメント

恭子さんへ

なんだかいい夏休みを過ごされていますね(⌒-⌒)
お母さんも楽しかったでしょうね。タイムスリップしていたりして。
いい感じですねぇ~。ブログを読んでいても、楽しさが伝わってきます。

食べ物の話になるとつい、食いつきたくなりまして・・・。
「木いちごのじゃむ」なんて、何に使っても美味しそう
チーズケーキとか、アイスクリームとか、ヨーグルト、普通のカステラにかけても美味しいような気がします。
おなかがすいてきたので、お昼を食べてこよっと。(⌒-⌒)

っていってたら、すごい地震が・・・!Σ( ̄□ ̄;)
宮城県が震源とか。大丈夫だったでしょうか。
帰省中の方もたくさんいたと思います。
心配ですね。

投稿: MASAKO | 2005年8月16日 (火) 11:57

MASAKOさんへ
お元気ですか?いつもありがとうございます。
日帰りだというのに、その日のことだけで何日分の記事になるのやら。。。このふくらみよう~なんなんでしょーか(^▽^)

>チーズケーキとか、アイスクリームとか、ヨーグルト、普通のカステラにかけても美味しいような気がします。

なーるほどw( ゜ o ゜)w おしゃれ~☆そうやって楽しめばいいのですね~!
実は、ジャムってなかなかひと瓶使い切ることができなくて、ときどきもったいないことにしてしまうことがあります(T-T)
でも、ジャムに限らず何でもそうなのでしょうが、作っている場所や工程を拝見したり、作っているかたのお話をきいたりする機会があると、考えがあらたまりますね!
これからはいろいろに楽しんで、美味しく頂ききってみようと思います。アイデアをありがとうございます~(^人^)
  
地震、大きくて長かったですね…。
被害の状況も報道され始めました。
心配ですね…。

投稿: 恭子 | 2005年8月16日 (火) 12:27

恭子さんへ

>実は、ジャムってなかなかひと瓶使い切ることができなくて、ときどきもったいないことにしてしまうことがあります(T-T)

そうそう、そうなんです。
私、買うときは一番小さいサイズの物を買うのですが、
それでも時々忘れた頃に冷蔵庫の奥のほうから、
「何かお忘れでは~」という心の叫びが聞こえてくるのです。(T^T)

で、一度友人が来たときに、冷凍のパイ生地に生のイチゴとイチゴジャムを加えて包んで焼いたら結構評判が良かったんです。
ジャムだけでは甘すぎると思って、ジュース用のちょっとすっぱい安いイチゴを使用しました。
これ、賞味期限ぎりぎりになったジャムの活用法としては、お勧めですよ!
・・・ってお菓子の書き込みじゃなかったのに。ごめんなさいm(_ _)m

投稿: MASAKO | 2005年8月16日 (火) 16:48

MASAKOさんへ
そーなんですかあーーー!!
ジャムをひと瓶、美味しく頂ききろうと頑張ってるのは私だけじゃないんですね~(T-T)
なんかうれしいです~。
なるほど☆パイ生地にジャムを包んで焼けばそのままパイになるわけですね!
どうして今まで思いつかなかったんでしょう。
そこに生のフルーツを加えたりアレンジもできるわけですね、ふむふむ。。。
全然まめでないので(泣)普段お菓子作りとは縁のない私なのですが、これなら私にもできそう~(T人T)
どうもありがとうございます♪

投稿: 恭子 | 2005年8月16日 (火) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117167/5474857

この記事へのトラックバック一覧です: 母のいなか ――ジャム工場:

« 母のいなか ――昔の名前 | トップページ | 母のいなか ――真岡線 »